【舞台挨拶「ピンクとグレー」】中島裕翔×菅田将暉が登壇!関西ネタで大盛り上がり!

映画初出演&初主演の中島裕翔、
親友役の大阪が誇る若手実力派・菅田将暉が登壇

_MG_5034 親友役の菅田将暉さん

大阪・公開直前舞台挨拶

1月7日(木)15:00より、大阪のTOHOシネマズ梅田スクリーン1にて、
芸能界の嘘とリアルを現役アイドル加藤シゲアキ(NEWS)が描いた問題作を、
行定勲監督が映画化し、映画初主演・中島裕翔と
親友役の若手実力派・菅田将暉が上映後の舞台挨拶を行いました。


▼ごあいさつ
中島:観終わったあと拍手ありがとうございます!とても嬉しいです。
   年始からたくさんの方にお越し頂きましてありがとうございます!
菅田:お正月は大阪の実家に帰っていました!
   昔からこの辺(梅田近辺)をうろちょろしていたので今日は不思議な気持ちです。
   今日は短い時間ですが宜しくお願いします。

▼菅田さんは大阪ご出身でよくご存知と思いますが、中島さんは昨日到着されたそうですね?
中島:年末のカウントダウンで大阪に来ていたので、
   久々というよりはホームのような気分になっていますね。
菅田:そやったらウチに来てくれたら良かったのに!来年は連絡して。≪会場笑≫
   今、たぶん会場にウチのオカンやおばあちゃんもおるから。
   (会場へ向かって)この子来年ウチ来ますんで。
中島:お世話になります!

▼大阪らしいものは食べられましたか?
中島:食べましたよ!豚ペイ焼きとか・・・粉モン!
菅田:出た!裕翔がこれみよがしに“粉モン”っていうのが可愛くて仕方ないんですよ。≪会場笑≫
中島:だって現地の人は粉モンって言うんでしょ?言いたかったんだよ!
    大阪で舞台挨拶ツアー4都市目ですが、毎晩のようにおなか一杯食べてます。
菅田:一緒にご飯(米)は食べた?
中島:食べてないんだよ!大阪の人は主食じゃなくてご飯と一緒に食べるんだよね?
菅田:ちょっと仲良くなられへんわー。≪会場笑≫
    学校のとき弁当なかった?1段目お好み焼き、2段目ご飯。
    もしくは1段目焼きそば、2段目・・・焼きそば!!≪会場笑≫
中島:ないよ!!≪会場笑≫
MC:お二人仲良いですね!
中島:バレちゃいましたね。
菅田:バレちゃいましたちゃうよ!気持ち悪い!!≪会場笑≫

▼菅田さんへ 中島さんを大阪でどこかご案内するとしたら、どこがいいですか?
菅田:さっき話を聞いていたら、ユニバーサリョ・・・ジャパンに~
中島:なんですか?≪会場笑≫
菅田:(ネイテイブ風に)Universal Studios Japan~♪に
   行ったことがないんですって!≪会場驚≫
   ちょっと前にスパイダーマンのマスク被って行ったけどハリーポッターすごかったよ!
   是非一緒に行きたいですね。ほんまに年甲斐もなくはしゃぐよ!
中島:いやいや年甲斐って、僕らまだ22歳ですからはしゃぐでしょ。
菅田:・・・(冷たい視線)
中島:まだちょっと距離あるみたいですね・・・亀裂が入りました≪会場笑≫

▼本作、62分後の衝撃は本当に驚きました!脚本を読んだときはいかがでしたか?
中島:えー!ってなった人!(会場大半挙手)
菅田:じゃ、ならなかった人に一人ずつインタビューを・・・≪会場笑≫
中島:ト書きには書いてあるんですが、実際観るまでは分からなかったですね。
   出来上がった作品を観たときに、みなさんと同じリアクションでした。
   こうなってるのかー!って。
菅田:僕は安心しましたね。
   脚本だと抽象的で分かりにくいというか、ちゃんと前半部分が
   伝わればいいけどと思ってましたが、実際観ると分かりやすかったし、
   面白さも伝わるかなと良かったですね。

▼全国舞台挨拶ツアーを1月4日からスタート、8日間で12都市回られるということで、
ここ大阪は4都市目です。大阪に来た印を残して頂きましょう!

中島:(都市数のフリップもって)ここ大阪、舞台挨拶4都市目です!ドーン!!≪会場拍手≫
    あと8都市行きますね。
菅田:僕はあと3都市です。
中島:公開が明後日となりましたが、
   キャンペーンも初めてでこの映画に関わって
   本当に色んなことを楽しんでやらせてもらってます。
   ここから『ピンクとグレー』をみなさんから発信してもらえたらと思いますので、
   どうか宜しくお願いします!頑張ってあと8都市回ります!≪会場拍手≫
菅田:本当に念願の大阪に来れて嬉しいので、
   この気持ちであと3都市やりきりたいなと思います!

マスコミフォトセッションあって・・・・

中島:撮影していたのが、昨年のこの時期なので、
   ようやくみなさんが『ピンクとグレー』一色になっていくのが楽しみですし、
   早く62分後の衝撃を内容伏せながらもたくさんの人に観て頂きたいなと思います!
菅田:今日は大阪ということで、なんとなくヒョウ柄のネクタイをしてきたんですけれども・・・
   誰か気付いた人いますか!?(ジャケット襟開げて)バーン!!≪会場笑≫
   これが今年始まってやりたいことの1つだったので、
   2つ目は映画が気持ち良く公開すればいいなと思っています!
MC:ではみなさんもネタバレ部分は言わずに広げて頂いて・・・
菅田:もう言うてもいいけどね!≪会場笑≫
中島:いやいやアカンやろ!!アカンアカン!!
菅田:関西弁の突っ込みウマなってるやんー笑
中島:ウマなってるやろー、おかげ様やでーおおきに!≪会場笑≫
MC:関西弁はかなり練習されましたか?
中島:最後の方にちょっとだけ関西弁の出るシーンがあるので、
    本当に教わりたいなと思って撮影中はずっと関西弁でしたね!
菅田:普段からミュージシャンで耳が良くて、ウチの教え子ですから完璧ですよ。
    乗り突っ込みから何から何でもできます。今は披露しないですよ!≪会場拍手≫
中島:いーねん!そういうの!何をやるの!?
菅田:知らん!
中島:こわー!!ホームやと思ってたのに。投げっぱなし!


▼締めのご挨拶
菅田:本当にこうやって観にきて下さっていることに感謝です!
   そして面白いと思った方なら是非ひとひと・・・≪会場笑≫
   もうアカンなー今年すごい噛むんですよね。
   この間、明けましておめでとう噛んだからな!≪会場笑≫
   こんな僕らですけれども、映画の応援宜しくお願いします。
   2回目観たらすごい面白いと思います。
   前半なんて全部茶番ですからね!≪会場爆笑≫宜しくお願いします!
中島:2回と言わず、3回4回5回と観て頂けたらと思います。
   映画の中でも人生における自分って何だとか、壮大なテーマも隠されているので、
   誰かがぼそっといったセリフが意外と心に響いたりすることもあると思います。
   それを咀嚼しながら色んなところを観て頂けたらと思います。
   ありがとうございました!!


ピンクからグレーに世界がかわる
“ある仕掛け”にあなたは心奪われる―

★WEBMAIN (C)2016「ピンクとグレー」製作委員会

STORY
大人気スター・白木蓮吾を死に追いやったのは、誰か?何か?
第一発見者である親友・大貴がたどり着いた死の真実とは―。

大人気スター俳優・白木蓮吾が、突然、死んだ。第一発見者は幼い頃からの親友・河田大貴。
蓮吾に何が起きたのか?動揺する大貴は、数通の遺書を手にする。遺書に導かれ、蓮吾の短い人生を綴った伝記を発表した大貴は、一躍時の人となり、憧れていたスターの地位を手に入れる。初めてのキャッチボール、バンドを組んで歌ったこと、幼馴染のサリーをとりあった初恋・・・。いつも一緒で、いつも蓮吾が一歩先を進んでいた―。輝かしい青春の思い出と、蓮吾を失った喪失感にもがきながらも、その死によって与えられた偽りの名声に苦しむ大貴は、次第に自分を見失っていく。
なぜ、蓮吾は死を選んだのか?なにが、誰が、彼を追い詰めたのか?
蓮吾の影を追い続ける大貴がたどり着いた“蓮吾の死の真実”とは―。

STAFF&CAST
原作 :加藤シゲアキ「ピンクとグレー」(角川文庫)
監督 :行定勲 
音楽 :半野善弘
脚本 :蓬莱竜太・行定勲
出演 :中島裕翔 菅田将暉 夏帆 岸井ゆきの 宮崎美子/柳楽優弥
配給 :アスミック・エース
映画『ピンクとグレー』公式サイト
大ヒット上映中!!