【舞台挨拶「猫なんかよんでもこない。」】30万人が泣いた!感動の実話コミックスが、“奇跡”の実写映画化!

山本監督舞台オフィシャル 山本透監督

1月21日(木)、大阪市内(阪急うめだホール)にて『猫なんかよんでもこない。』の大阪プレミア試写会が行われ、上映前にはミツオ役の風間俊介さんと山本透監督が舞台挨拶に登壇しました。登場時、場内は黄色い歓声と大きな拍手に包まれました。

大阪が大好きという風間俊介さん。まずは、過去に撮影のため一時期住んでいたという谷四(谷町四丁目)の話題に。風間さんが「大阪に来ると帰ってきたという感じが強いです。今迎えていただいたとき、フワッと上がった黄色い歓声が、ジャニーズ業をとんとやっていない僕としては久しぶりなので、大阪の熱のこもった歓迎がすごく有り難いです。ありがとうございます。」と挨拶すると会場に拍手がおこり、さらに「ありがとうございます!手が痛くなるくらい叩いていただければ。」というと、会場に笑いとさらに大きな拍手がおこりました。

大阪のお気に入りについての話題では、山本監督が「大阪は食べ物が美味しくて本当に大好きです。やはり粉もの、ネギ焼きにビールとか、仕事のあとは最高の癒しですね。」と答えると、風間さんは「僕はうどんが好きで、大阪に住んでいたころよく食べていました。」と熱く述べたが、話題は谷四(谷町四丁目)のお気に入りの蕎麦屋の話になり、「うどんが



好きと言っておいて、蕎麦屋の話をして…」と会場の笑いを誘った。

映画については、風間さんから「観終わったあとに、観客としても本当に出会えてよかったと思える作品でした。その作品のエンドロールの最初に自分の名前が上ってくるというのは、ご褒美のような、誇らしい気持ちになりました。自分の主演映画について諸手を上げて褒めるのはちょっと恥ずかしいですが、猫たちが主役と思えば、胸を張って言えます。この映画、本当にいい映画なのでみなさん楽しんでいってください。」と述べた。

今回映画のために書き下ろされた主題歌、大阪出身のガールズバンド、SCANDALの「Morning sun」については、監督から「物語が終わってすぐ流れてくる曲は作品全体の印象を左右する大切なものなので、物語に寄り添ってほしい」とリクエスト。風間さんは「日曜日の午前中のような、心地よいまどろみを感じる曲、映画にぴったりです」と大絶賛。

猫たちの共演については、「生活するように撮影していた、家族みたいな感じなので、遠慮しないで言わせてもらうと、あいつらほんと台本読んでこないし、たぶん僕の方が先輩にあたると思うのですが、全く言うこと聞かないし、振り回されっぱなしでした。」と会場を笑わせた。監督は「猫たちの撮影はどのシーンが一番大変だったかとよく聞かれるが、それはもう全部です(笑)。ただ人間も猫も撮影に慣れてくると、台本を超える瞬間が何回かありました。」と撮影を振り返った。

監督から「人と動物が一緒に生きていく中で生まれる、きれいごとだけではない、かけがえのない時間や愛おしさを描きました。観た方々の心が温かくなる映画を目指しました。」の言葉を受けると、最後に風間さんからは「この映画は、つらいとき寄り添ってくれたのが猫ですが、みなさんもそれぞれに大切な人を思い浮かべながら観ていただければと思います。多くの方々に観ていただきたい作品なので、お友達にもおすすめください。」と締めくくった。

猫よん WEB用メイン © 2015杉作・実業之日本社/「猫なんかよんでもこない。」製作委員会

INTRODUCTION
30万人が泣いた!感動の実話コミックスが、“奇跡”の実写映画化!
主演は現代劇から時代劇まで活躍の幅を広げる若手屈指の演技派、風間俊介。ヒロイン役には今や若手実力派女優として引っ張りだこの松岡茉優。他にも芸能界で指折りの猫好きで知られるつるの剛士と、市川実和子が脇を固めている。監督は自身も猫を飼っている大の猫好き監督、山本透。すべての猫好きが胸キュンすること間違いなし!≪史上最高にキュートな猫映画≫がついに誕生した!

STORY
夢やぶれた日も、泣きたい夜も、ずっと猫たちがいてくれた。
ボクシングに人生を捧げる三十路寸前の男・ミツオのもとに、子猫の兄弟“チン”と“クロ”が現れ、猫嫌いのミツオは振り回されっぱなし。だが、アパートの大家さんや猫好きの女性・ウメさんの応援もあって、ちょっとずつ距離を縮めていく。そんな中、試合でのケガがもとで、プロボクサーとしての道が閉ざされて、生きがいを失ってしまう。対照的に、チンとクロは新しい世界へ飛び出そうと爪を研いでいた・・・。楽しい日々も、ちょっと切ない日々も、いつも一緒。1人の男と小さな2匹の、かけがえのない猫デイズが始まった!

STAFF&CAST
原作 :杉作 「猫なんかよんでもこない。」(実業之日本社刊)
監督 :山本透
脚本 :山本透 林民夫
出演 :風間俊介
    つるの剛士、松岡茉優
    内田淳子、矢柴俊博 / 市川実和子
配給 :東京テアトル
映画『猫なんかよんでもこない。』公式サイト
2016年1月30日(土)全国公開!