6月24日(金)公開『ダーク・プレイス』シャーリーズ・セロン主演×『ゴーン・ガール』原作者

一家惨殺事件で生き残った少女
あの夜、彼女が見なかったものとは

ダークプレイスmain1 ©2014 DAMSELFISH HOLDINGS,LLC ALL RIGHTS RESERVED.


『ダーク・プレイス』
6月24日(金)公開


INTRODUCTION
世界中を騒然とさせた『ゴーン・ガール』、その原作者による“衝撃の事件”が新たに映画化
一瞬先も読めないサスペンスで、世界中を騒然とさせた『ゴーン・ガール』。その原作者、ギリアン・フリンによる、衝撃の小説が新たに映画化された。 28年前に起こった家族3人の殺害事件。犯人として逮捕されたのは、当時中学生だった長男。逮捕の決め手になったのは、生き残った8歳の三女による目撃証言。 家族をすべて失い、心の傷が癒えないまま成長した、その三女リビーは、28年後に事件と再び向き合うことになる。 あの夜、彼女は何を目にしたのか──?兄のベンは本当に家族を殺害したのか──?リビーが真相に迫る現在と、28年前のドラマが絶妙にシンクロし、じわじわと明かされる人々のダーク・プレイス=心の闇。 全編張りつめた空気のなか、悪魔崇拝や、リビーの行動を後押しする「殺人クラブ」という組織など、怪しいエレメントが絡み、観る者の目をクギづけにしていく。


ダークプレイスin_sub1 ©2014 DAMSELFISH HOLDINGS,LLC ALL RIGHTS RESERVED.
STORY
あの夜、私は何を見なかったのか?
1985年、カンザス州の町。8歳だったリビー・デイの証言により、彼女の兄ベンが逮捕された。その容疑は、母親と2人の姉妹の殺害。一部始終を目撃したのが、末妹のリビーだったのだ。
それから28年後─。殺人事件の遺族として世間から同情を受け、支援金や自伝出版で食いつないできたリビー。定職もなく、孤独な生活を送る彼女に、「殺人クラブ」という団体から連絡が届く。 過去の有名な殺人事件を検証するそのクラブは、重要な証言者としてリビーに会いたがっていた。日々の生活に困窮していたリビーは、クラブのメンバー、ライルが申し出た報酬に目がくらみ、出席を決意。 ベンの無罪を主張するクラブを怪しみつつ、生活のために嫌々ながら28年前の事件を振り返ることになる。刑務所を訪れたリビーは、久しぶりにベンと再会した。彼の手首に、女性の名のタトゥーを見つけるリビー。 やがて彼女の脳裏には、徐々に過去の記憶がよみがえっていく。28年前、ヘビメタ好きで悪魔崇拝に傾倒していたベンは、家族の中でも浮いた存在だった。さらに彼には、近所の少女に性的イタズラをしたという疑いが持ち上がっていた。 ベンにはディオンドラという年上の恋人がいて、妊娠が発覚した彼女はベンと一緒に町を出ようと心に決めていた。
デイ家の両親は、リビーが2歳のときに離婚。しかし父親のラナーは、たびたび金の無心に来ては、母親のパティを悩ませていた。家が農場とはいえ、女手ひとつで4人の子供たちを育てるパティも経済的に困窮していた。 自宅が差し押さえを迫られたうえ、嫌疑を受けるベンのために弁護士の費用が必要だったのだ。 そんな状況で、あの夜、惨劇は起こった。ライルに背中を押されたリビーは、かつてベンがイタズラをしたというクリシーと会い、殺された姉の日記も読み返し、忘れかけた記憶をたぐり寄せていく。あの夜、自宅で何が起こり、自分は何を目撃したのか……?
さらに、事件以来、行方知れずだった父親の居場所を突き止めたリビーは、衝撃の事実へ一歩、また一歩と近づいていくのだった。




ダークプレイスin_sub2 ©2014 DAMSELFISH HOLDINGS,LLC ALL RIGHTS RESERVED.
STAFF&CAST
監督・脚本:ジル・パケ=ブランネール
出演   :シャーリーズ・セロン、ニコラス・ホルト、クロエ=グレース・モレッツ
      クリスティナ・ヘンドリックス、コリー・ストール、タイ・シェリダン
配給   :ファントム・フィルム
URL:映画『ダーク・プレイス』サイト
6月24日(金)より、大阪ステーションシティシネマ/TOHOシネマズなんばほかにて全国ロードショー!