8月11日(木・祝)公開『栄光のランナー 1936ベルリン』この男、世界最速。ヒトラーにさえ、止められない――

ベルリンオリンピックでヒトラーの鼻を明かし
歴史を変えた四冠メダリスト、
ジェシー・オーエンスの勇気の実話

RACE © 2016 Trinity Race GmbH / Jesse Race Productions Quebec Inc. All Rights Reserved.

『栄光のランナー 1936ベルリン』 8月11日(木・祝)公開


INTRODUCTION
1936年、のちに「ヒトラーのオリンピック」とも呼ばれたベルリンオリンピック。ナチス独裁政権のもと開催されたこの大会で、ヒトラーを怒らせ、歴史に名を残した陸上競技選手がいた。その名はジェシー・オーエンス。史上初の四冠を達成した彼の輝かしい活躍は、80年後の今でも多くの人に影響を与え、オリンピックの英雄のひとりとして語り継がれている。本作は、アメリカ国内の人種差別の歴史やヒトラー政権による抑圧を打ち砕くオーエンスの勇気と決意と忍耐、そして、彼を厳しくも心から支え続けた名コーチや仲間との友情、家族の絆を描いた感動のドラマである。
伝説のジェシー・オーエンスを演じるのは、『グローリー/明日への行進』で公民権運動の活動家ジョン・ルイス役のステファン・ジェイムス。オーエンスのコーチ、ラリー・スナイダー役には『モンスター上司』のジェイソン・サダイキス。その他、オリンピック参加への鍵を握るアメリカオリンピック委員会の委員役には、オスカー俳優のジェレミー・アイアンズとウィリアム・ハートが脇を固める。本作のメガホンを取るのは『プレデター2』のスティーヴン・ホプキンス。未だに多くのものに分け隔てがある現代にも通ずる、ジェシー・オーエンスの闘いの物語。オリンピックイヤーの今こそ、胸に刻むべき一作である。



Tournage RACE © 2016 Trinity Race GmbH / Jesse Race Productions Quebec Inc. All Rights Reserved.

STORY
貧しい家庭に生まれながらもジェシー・オーエンス(ステファン・ジェイムス)は、中学時代から陸上選手として類稀な才能を発揮していた。家庭の期待を一身に背負ってオハイオ州立大学に進学した彼は、コーチのラリー・スナイダー(ジェイソン・サダイキス)に出会う。オリンピックで金メダルを獲得すべく、スナイダーによって様々な特訓を課された彼は、大学陸上競技大会の1つ、ビッグ・テン選手権において45分間で世界新記録3つとタイ記録1つを樹立するまでの選手へと成長した。
しかし、当時のアメリカ国内では、ナチスに反対してオリンピックのボイコットを訴える世論が強まっていた。さらに、ナチスの人種差別政策は黒人であるオーエンスにとっては認めがたいものであり、それを理由にオリンピックに出場しないでほしいというアメリカ黒人地位向上委員会からの申し出があるなど、オリンピック出場に向け彼は大いに苦悩することになる。


STAFF&CAST
監督:スティーヴン・ホプキンス 
脚本:ジョー・シュラップネル&アナ・ウォーターハウス
出演:ステファン・ジェイムス、ジェイソン・サダイキス、ジェレミー・アイアンズ、
   カリス・ファン・ハウテン、ウィリアム・ハート
配給:東北新社 Presented by スターチャンネル
URL:映画『栄光のランナー 1936ベルリン』公式サイト
8月11日(木・祝)大阪ステーションシティシネマ、TOHOシネマズ なんば
8月20日(土)シネ・リーブル神戸 他にて全国順次公開