【プレゼント】映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』オリジナル手袋

きみと出会えた奇跡。
ぼくに教えてくれた、このかけがえのない一瞬。
たった≪30日間≫の運命の恋。

Publicity_cut_0926 Ⓒ2016「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」製作委員会


『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』映画公開を記念して、
映画「ぼく明日 あす 」オリジナル手袋
5名様にプレゼント

2016.10.28_bokuasu_tebukuro_3pre

※5色展開。色はお選びいただけません。

ご応募は下からどうぞ!


『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』12月17日(土)公開


WEB用_ぼくは明日、昨日のきみとデートする_サブ04(PC壁紙画像・携帯待受画像には使用できません)
INTRODUCTION
130万部突破の人気小説「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」(七月隆文著)が、映画化。
主人公は、『ストロボ・エッジ』の福士蒼汰。世の女性を胸キュンさせた彼が、2016年冬―。胸アツ&感涙必至のラブストーリーをお贈りします!ヒロインは、『黒崎くんの言いなりになんてならない』『溺れるナイフ』の小松菜奈。初共演の二人が、せつない運命を背負ったカップルを熱演。
監督は、『ホットロード』『アオハライド』そして『青空エール』と、多くの恋愛青春映画をヒットに導いた三木孝浩。20歳の男女の淡い恋物語、そして明かされる切ない真実が溶け合い、別れの場面には感涙必至となる本作を、新たな「純愛ラブストーリー」として作り上げました。本作のファンタジックな設定、そして別れの切なさを最大限に増長することで、『いま、会いにゆきます』(04年/興行収入48億円)のような王道の感動が用意された、2016年、“一番泣ける純愛映画”になると期待が高まっています。
撮影は、2016年1月中旬~約1ヵ月間、物語の舞台である京都に滞在し、京都府内を走る叡山電車や駅、鴨川デルタや伏見稲荷大社、三条大橋など観光地を中心に行われ、風光明媚な景色の中で福士&小松が演じる、20歳のカップルの、儚くも幸せに満ちた一瞬一瞬が三木孝浩監督の手によってみずみずしく収められました。


WEB用_ぼくは明日、昨日のきみとデートする_サブ03(PC壁紙画像・携帯待受画像には使用できません)
STORY
ぼくたちはすれ違ってない。
端と端を結んだ輪になって、ひとつに繋がってるんだ。

京都の美大に通う20歳の学生・南山高寿は、いつものように大学まで向かう電車の中で出会った女性・福寿愛美を一目見た瞬間、恋に落ちた。勇気を振り絞って声をかけ、「また会える?」と約束を取り付けようとした高寿だったが、それを聞いた彼女は、なぜか、突然涙してしまう――。彼女のこの時の涙の理由を知る由もない高寿だったが、二人は意気投合し、その後、すぐに交際をスタート。初めてのデート、初めて手をつなぎ、初めて名前で呼び合う。そんな初めてのことがあるたびに泣く愛美のことを少し不思議に思いながらも、より愛美への愛情を深めていく高寿。そんな二人の関係は、誰もがうらやむ程に順調で、すべてがうまくいくものだと信じていた…。
「わたし、あなたに隠していることがある…」
初めてキスをした日、高寿は、愛美から想像もできなかった大きな秘密を明かされる…。
そして、二人の運命は“すれ違い”始める――


WEB用_ぼくは明日、昨日のきみとデートする_サブ01(PC壁紙画像・携帯待受画像には使用できません)
STAFF&CAST
原作:七月隆文「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」(宝島社)
監督:三木孝浩
脚本:吉田智子
出演:福士蒼汰 小松奈々
   山田裕貴 清原果耶
   東出昌大/大鷹明良 宮崎美子
配給:東宝
URL:映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』公式サイト
12月17日(土)より、全国東宝系にてロードショー




『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』映画公開を記念して、
映画「ぼく明日 あす 」オリジナル手袋
5名様にプレゼント

応募する!
※5色展開。色はお選びいただけません。
応募締切りは12月26日(月)まで!!