1月7日(土)公開『疾風スプリンター』映画史上、初めて描かれる、本格プロ・ロードレース・エンターテインメント。

『疾風スプリンター』メイン © 2015 Emperor Film Production Company Limited All Rights Reserved

『疾風スプリンター』1月7日(土)公開


INTRODUCTION
今、自転車がアツい!
香港アクションの申し子ダンテ・ラムが放つ、
渾身のプロ・ロードレース映画の誕生

近年、映画界でも拡がり始めている自転車ブーム。
『パンターニ 海賊と呼ばれたサイクリスト』(14)、『劇場版 弱虫ペダル』(15)、『疑惑のチャンピオン』(15)などのヒットにより、自転車ユーザーはもとより、自転車に乗らない人をも巻き込み、エンターテインメントの分野の一つとしてその地位を確立しつつある。そんななか、その盛り上がりにさらなる拍車をかける真打ち登場ともいうべき、超本格派プロ・ロードレース映画が誕生した――それこそが本作『疾風スプリンター』である。
監督は、『激戦 ハート・オブ・ファイト』(13)で知られ、日本にも多くのファンを持つ香港アクションの申し子ダンテ・ラム。キャストには、エディ・ポン、ショーン・ドウ、チェ・シウォンといった台湾・中国・韓国を代表する人気俳優たちが集結。スタッフとキャストの、妥協なき強いこだわりと信念が作り上げた究極のプロ・ロードレース・エンターテインメント!押し寄せる興奮、湧き上がる感動、そのすべてを全身で体感してほしい1作だ。


『疾風スプリンター』サブ1
STORY
プロ・ロードレースを舞台に繰り広げられる
夢、友情、恋、栄光、挫折――
そのペダルにこめる男たちの情熱に、
興奮度MAXのエンターテインメント・ドラマ

“チーム・レディエント”は、チョン・ジウォンをエースとする自転車ロードレースチームの強豪だ。そこへ、アシストとして所属することになったチウ・ミンとティエン。互いにエースの座を目標に切磋琢磨しながら、アシストとして力を発揮し、同時に友情も深めていった。そして、ジウォン、ミン、ティエンの3人は、レディエントを引っ張る主力選手として力を合わせ、ライバルの“チーム・ファントム”の妨害にひるむことなく、台湾各地で連戦を繰り広げていた。一方、ミンとティエンは、大病から復帰を目指す女性サイクリスト、シーヤオと出会う。彼女のストイックにトレーニングを重ねる健気な姿はミンとティエンを夢中にさせた。シーヤオは、タイプの正反対はミンとティエンの間で揺れ動く。やがて、彼らはシーヤオをめぐって恋敵となるのだった。そんななか、“チーム・レディエント”は、資金難で運営が立ち行かなくなる。そのため、ジウォン、ミン、ティエンの3人はそれぞれ別のチームに所属することとなり、エースとして競い合うことになるのだが…。

『疾風スプリンター』サブ2
STAFF&CAST
監督・脚本:ダンテ・ラム(『激戦 ハート・オブ・ファイト』)
出演:エディ・ポン、チェ・シウォン、ショーン・ドウ、ワン・ルオダン
URL:映画『疾風スプリンター』公式サイト
2017年1月7日(土)より、なんばパークスシネマ/MOVIX京都/神戸国際松竹ほか全国公開