【舞台挨拶「きょうのキラ君」】中川大志[キラ]&飯豊まりえ[ニノ]が客席にバレンタインチョコをプレゼント!

『近キョリ恋愛』みきもと凜原作
今年大注目の”キュン泣き”ラブストーリー

舞台挨拶b
原作は、「近キョリ恋愛」「午前0時、キスしに来てよ」のみきもと凜。
学校中の女子が憧れる「キラ君」に抜擢されたのは、雑誌「ViVi」‘17年1月号「国宝級イケメン」ランキングで1位に輝き、近年は映画『四月は君の嘘』、NHK大河ドラマ「真田丸」などに出演している中川大志。ヒロインの「ニノ」役は、雑誌「Seventeen」のモデル、月9ドラマをはじめ、現在フジテレビ系「嫌われる勇気」に出演するなどマルチに活躍する注目の若手女優・飯豊まりえ。また、ニノが飼っているオカメインコ「先生」の声優には、自身も原作の大ファンであるサバンナ高橋、主題歌を担当する人気ロックバンド[Alexandros]のVo.&Gt.川上洋平は、語学力を買われ英語教師役で友情出演、劇中のシーン「カーテンの刑」とともに話題となっております。
監督は、『のだめカンタービレ最終楽章後編』『海月姫』『L・DK』など様々なラブストーリーを手がける川村泰祐がメガホンを取り、今年大注目の“キュン泣きラブストーリー”が誕生しました!

本作の公開を記念し、大阪にて舞台挨拶を行いました。

現役高校生の中川が今春の卒業の話題に触れると、「卒業できるの!?」と飯豊がツッこみ、仲の良い2人が楽しいトークを展開。そして、4日後にせまったの国民的行事バレンタインデーにちなみ、サプライズで客席にチョコレートをプレゼント!2人がステージから客席へ降りてチョコレートを投げ入れ、客席とハイタッチをする大サービスに、大半を女子中高生が占めていた客席からは悲鳴や歓喜の声が沸き、大いに盛り上がりました!さらに2人で客席をバックに、「キラ君大好き!」の掛け声で自撮するなど、大阪の舞台挨拶を楽しみました!



◆日時:2月10日(金)18:40より
◆場所:TOHOシネマズ梅田大阪市北区角田町7-10 8F ※スクリーン2/480席
◆登壇:中川大志(18歳)、飯豊まりえ(19歳)



★中川大志コメント:
今日は寒いなか来てくださってありがとうございます。
少女漫画原作映画の主演は初めてで、「ついに来たか」という感じでした。自分がやることに楽しみも不安もありました。原作はみきもと凜先生の同名漫画ですが、少女漫画で初めて最初から最後まで読みました。ちなみに上半身裸になっているシーンは、2月の夜の海沿いでの撮影だったので、人生で一番小刻みに震えてました…。
実際の学生生活では、モテてた…どうですかね?また映画の世界とは違いますよね。劇中の「カーテンの刑」は、そっと見ていたいタイプです(笑)。
大阪ということで、劇中のセリフを言うなら「チュー、していいっすか?」ですけど、関西弁では「チュー、してええか?」ですよね。大阪は、NHK大河ドラマ「真田丸」にちなんだ仕事で、去年は大阪城によく行ったので、ちょっと懐かしいです。
いよいよ公開が迫って来ましたが、ぜひお友達や家族に「超イイよ!」って宣伝してください。今日は大阪に来られて本当に楽しかったです。ありがとうございました!

★飯豊まりえコメント
(来阪のお礼に対して)こちらこそありがとうございます!
キラとニノのように、つきあうなら楽しい思い出をたくさん作りたいタイプなので、ニノに共感しました。「カーテンの刑」は、私は中川くんとは逆で、現実でもぜひやってみたいです。そしてお気に入りのシーンは、キラとニノが恋に落ちる前の、「すげーじゃんお前」というセリフが出てくる、すごくかわいらしい出会いのシーンです。
大阪では、この舞台挨拶の前にある番組でロケに行ったのですが、大好きな餃子を食べました。アメリカ村の「うさぎ食堂」というお店なのですが、小さい餃子とかスープに入った餃子とかいろんな形の餃子がたくさんあって、大満足でした!大阪はおいしい食べ物が多いですね。
この映画は私にとってかけがえのない作品なので、皆さんにとってもそうなってほしいです。気に入っていただけたら、ぜひSNSで薦めてください。今日はありがとうございました!


きょうのキラ君

初めて本気で人を好きになった。キラ君、あなたと365日、一緒にいたい !
誰もが憧れるクラスの人気者「キラ」(中川大志)に恋をした「ニノ」(飯豊まりえ)。他人と関わることが苦手なニノだったが、キラの秘密を知ったことから2人は急接近 !初めての気持ちにとまどいながら、ある重大な秘密を抱えたキラを笑顔にしようと奮闘するニノの初めての恋の行方は――?同級生の矢部(葉山奨之)、キラの幼馴染の澪(平祐奈)も加わって、かけがえのない365日がはじまった。キラ君、あなたとずっと一緒にいたい !

[出演]中川大志 飯豊まりえ 葉山奨之 平祐奈
[監督]川村泰祐 [脚本]中川千映子 [脚本協力]松田裕子
[原作]みきもと凜「きょうのキラ君」(講談社「別冊フレンド」刊)
[主題歌][Alexandros]「今まで君が泣いた分取り戻そう」(UNIVERSAL J/RX-RECORDS)
[配給]ショウゲート (C)2017「きょうのキラ君」製作委員会 http://kirakun.jp/

2月25日(土)より全国ロードショー