6月24日(土)公開『残像』巨匠アンジェイ・ワイダ監督、心震わす渾身の遺作!

"Powidoki" 2015 rez. Anfdrzej Wajda zdjecia Pawel Edelman fotosy Anna Wloch www.annawloch.com anna@annawloch.com ©2016 Akson Studio Sp. z o.o, Telewizja Polska S.A, EC 1 – Łódz Miasto Kultury, Narodowy Instytut Audiowizualny, Festiwal Filmowy Camerimage- Fundacja Tumult All Rights Reserved.

『残像』6月24日(土)公開


INTRODUCTION
実在の芸術家を通じて描かれる、20世紀の激動の時代。
祖国への報われぬ愛に殉じた、不屈の精神――

2016年10月9日、アンジェイ・ワイダ監督が急逝した。享年90。世界から尊敬される巨匠が死の直前に完成させた作品は、戦後の社会主義圧政下で、自らの信念を貫き、闘った実在の芸術家の姿だった――。
本作は、ポーランド人の画家ヴワディスワフ・ストゥシェミンスキ(1893~1952)の晩年の4年間を描いているが、アンジェイ・ワイダが生涯を通して追求し続けたテーマを凝縮させたかのような、まさに遺言と呼ぶにふさわしい作品に仕上がっている。



"Powidoki" 2015 rez. Andrzej Wajda Fot. Anna Wloch  www.annawloch.com anna@annawloch.com Na zdj: Boguslaw Linda /Strzeminski/ STORY
第二次大戦後、ソヴィエト連邦の影響下におかれたポーランド。スターリンによる全体主義に脅かされながらも、カンディンスキーやシャガールなどとも交流を持ち、情熱的に創作と美術教育に打ち込む実在の前衛画家ヴワディスワフ・ストゥシェミンスキ。しかし芸術が政治的に利用され、社会的リアリズムを要求する国家に真正面から反発することで、芸術家としての名声も、才能も、そして尊厳も踏みにじられていく。けれど彼は、芸術に宿る光を求めて、微かな希望を失うことはなかった…。


"Powidoki" 2015 rez. Andrzej Wajda Fot. Anna Wloch  www.annawloch.com anna@annawloch.com Na zdj od lewej : Zosia Wichlacz, Adrian Zareba, Irena Melcer, Filip Gurlacz, Mateusz Rzezniczak, Tomasz Chodorowski, Paulina Galazka; tylem Boguslaw Linda STAFF&CAST
監督:アンジェイ・ワイダ
脚本:アンジェイ・ワイダ、アンジェイ・ムラルチク
出演:ボグスワフ・リンダ、ゾフィア・ヴィフラチュ
配給:アルバトロス・フィルム
URL:映画『残像』公式サイト
6月24日(土)~シネ・リーブル梅田、7月1日(土)~シネ・リーブル神戸
以降、京都シネマ にて順次公開