7月8日(土)公開『ヒトラーへの285枚の葉書』ペンと葉書だけを武器にして、真実を生きていく―

Berlin_main1s © X Filme Creative Pool GmbH / Master Movies / Alone in Berlin Ltd / Pathé Production / Buffalo Films 2016

『ヒトラーへの285枚の葉書』7月8日(土)公開


INTRODUCTION
ペンと葉書だけを武器にしてヒトラー政権に抵抗した
ごく平凡な労働者階級の夫婦の驚くべき物語

ドイツ人作家ハンス・ファラダがゲシュタポの文書記録を基に書き上げ、60年以上を経た今、世界的にベストセラーとなった小説『ベルリンに一人死す』の映画化。1947年の初版発行から60年以上を経た2009年に初めて英訳されたことで世界的なベストセラーとなった。
この小説に深い感銘を持ち、自らメガホンを執り念願の映画化を実現したのは、俳優出身のヴァンサン・ペレーズ。ペレーズ監督自身、叔父がナチス政権下でガス室に送られ殺害された過去を持っている。
戦時下のベルリンの緊迫した市民生活をサスペンスフルに今に伝え、人間の尊厳を問いかける、まさに語り継がれるべきヒューマンドラマが誕生した。


Jeder stirbt für sich allein / Alone in Berlin STORY
1940年6月、戦勝ムードに沸くベルリン。質素に暮らす労働者階級の夫婦オットーとアンナのもとに一通の封書が届く。それは最愛のひとり息子ハンスが戦死したという残酷な知らせだった。心のよりどころを失った二人は悲しみのどん底に沈むが、ある日、ペンを握り締めたオットーは「総統は私の息子を殺した。あなたの息子も殺されるだろう」と怒りのメッセージをポストカードに記し、それをそっと街中に置いた。ささやかな活動を繰り返すことで魂が解放されるのを感じる二人。だが、それを嗅ぎ付けたゲシュタポの猛捜査が夫婦に迫りつつあった―。


Jeder stirbt für sich allein / Alone in Berlin STAFF&CAST
原作:『ベルリンに一人死す』みすず書房
監督:ヴァンサン・ペレーズ
出演:エマ・トンプソン、ブレンダン・グリーソン、ダニエル・ブリュール、ミカエル・パーシュブラント、モニーク・ショメット
配給:アルバトロス・フィルム
URL:映画『ヒトラーへの285枚の葉書』公式サイト
7月8日(土)シネ・リーブル梅田、シネ・リーブル神戸、7月29日(土)京都シネマにて