8月12日(土)公開『静かなる情熱 エミリ・ディキンスン』これは世界にあてた私の手紙です。私に一度も手紙をくれたことのない世界への――

shizukanaru_main © A Quiet Passion Ltd/Hurricane Films 2016. All Rights Reserved.

『静かなる情熱 エミリ・ディキンスン』8月12日(土)公開


V63A0468.CR2 INTRODUCTION
生前わずか10篇の詩を発表し、無名のまま生涯を終え、没後発見された1800篇近い作品により”アメリカ文学史上の奇跡”と讃えられる女性詩人エミリ・ディキンスン。19世紀半ば、北米の小さな町アマストで、上流階級の家庭に生まれ育ったが、やがて後に伝説となる白いドレスを着て、美しい自然につつまれた屋敷から出ることなく、数多くの詩を書き残した。全世界に熱狂的なファンを持つディキンスンのベールに包まれた生涯を、20篇近い詩を織り交ぜ描く伝記的作品。「セックス・アンド・ザ・シティ」のミランダ役で人気のシンシア・ニクソンが、かねてより大ファンだったエミリ・ディキンスンを熱演した。


V63A0084-169 copy.jpg STORY
19世紀半ばのマサチューセッツ州。家族と離れ、マウント・ホリヨーク女子専門学校に通っていたエミリ・ディキンスンは、学校での福音主義的な教え方に神経質になっていた。そんなエミリを家族が迎えにやってくる。弁護士の父親エドワードは彼女をアマストの家に連れ帰り、エミリは両親、兄オースティン、妹ラヴィニア(ヴィニー)らと過ごすこととなった。夜の静寂の中で詩を綴っていたエミリは、父親の口添えもあり、地元の新聞に初めて自身の詩を掲載されるも、当時の編集長からは「女には不朽の名作は書けない」と皮肉な意見を返される。


shizukanaru_sub3 STAFF&CAST
監督:テレンス・デイヴィス
出演:シンシア・ニクソン/ジェニファー・イーリー/キース・キャラダイン
配給:アルバトロス・フィルム/ミモザフィルムズ
URL:映画『静かなる情熱 エミリ・ディキンスン』公式サイト
8月12日(土)よりシネ・リーブル梅田、9月2日(土)よりシネ・リーブル神戸
以降、京都シネマ にて順次公開