8月25日(金)公開『きみの声をとどけたい』本気のコトバは、本気のネガイは、いつか現実になるんだよ。――この夏、湘南で小さなキセキがおこる

きみこえ画像 メイン ©2017「きみの声をとどけたい」製作委員会

『きみの声をとどけたい』8月25日(金)公開


きみこえ画像 (1) INTRODUCTION
“声”にはメールやSNSなどにはない力があります。今の時代だからこそ、そんな“声”の力をもう一度伝えたい。『きみの声をとどけたい』は、そういう強い想いから誕生した長編アニメーションです。
物語の中心は、海の見える日ノ坂町に住むなぎさを始めとする7人の女子高生たち。昨年8月に開催された第1回新世代声優発掘・育成プロヘクト「キミコエ・オーディション」で選ばれた6人の新人声優と、『ラブライブ!』の園田海未役などで人気の三森すずこが、ピュアで初々しい女子高生を演じます。監督は『オーバーロード』などの伊藤尚往。脚本は『夜桜四重奏‐ナハノウタ‐』などの石川学。キャラクター原案は、漫画家・イラストレーターの青木俊直。制作は『時をかける少女』『ちはやふる』のマッドハウス。実力派のスタッフならではの美しい映像は10代だけにとどまらず、幅広い世代に訴える力を持っています。
“声”は人と人を繋ぎ、想いを届けます。見終わった後、心に爽やかな風が吹く、フレッシュな青春映画の誕生です。


きみこえ画像 (2) STORY
「言葉にはね、タマシイが宿っているんだよコトダマって言ってね―。」
海辺の町、日ノ坂町に暮らす高校生の行合なぎさは、小さい頃に祖母から聞かされた“コトダマ”の話を今も信じていた。
願い続ければきっと叶う。悪いことばかり口にしていると、それが現実となって自分に返ってきてしまう。それがコトダマなのだ。
なぎさには3人の幼馴染がいる。ラクロス部仲間のかえで、お菓子作りが得意な雫、そして今は別の高校に通う浜須賀家お嬢様のタ。でも、かえでとタは顔をあわせるといつも口論になってしまう。なぎさは、かえでのことは好きだけれど、キツい言葉を使って口論するかえでのことは苦手。それがストレスにもなっていた。
ある日、なぎさは使われていない喫茶店アクアマリンに入り込んでしまう。その一角にあったのはミニFMステーションの設備。出来心からDJの真似事をしてしまうなぎさ。ほんの遊び心だったが、偶然にもなぎさの“声*は放送されていたのだ。その声を聞いていたひとりに矢沢紫音がいた。紫音は、母の看病のため日ノ坂町を訪れていたのだった。そして、なぎさはかえでと雫、紫音と一緒にミニFM・ラジオアクアマリンからの放送を本格的に始めることになった。 8月に入り、ラジオ番組に詳しい中原あやめと、作曲ができる琵琶小路乙葉も加わりさらに、本格的になっていくラジオアクアマリン。ところがある日、アクアマリンが取り壊されてしまうことが明らかになる一。


きみこえ画像 (5) STAFF&CAST
監督:伊藤尚往
脚本:石川学
声の出演:片平美那 田中有紀 岩淵桃音 飯野美紗子 神戸光歩 鈴木陽斗実 / 三森すずこ
配給:東北新社 STAR CHANNEL MOVIES
URL:映画『きみの声をとどけたい』公式サイト
8月25日(金)全国ロードショー
TOHOシネマズ 梅田、TOHOシネマズ なんば、MOVIX八尾、T・ジョイ京都、TOHOシネマズ 西宮OS、OSシネマズミント神戸にて