映画『いぬやしき』、まさかのVRで登場!!

かつてない「映画体感コンテンツ」が誕生!
上空を飛び回り、新次元バトルを体験せよ!
映画『いぬやしき』、まさかのVRで登場!!


メインカット (1) ©2018「いぬやしき」製作委員会
©奥浩哉/講談社


国内外問わず絶大な人気を誇り、多くの作品に影響を与えたSFアクション漫画「GANTZ」。その原作者・奥浩哉が「GANTZ」のエッセンスを取り込みながらも、リアルな日常と非日常が交錯する新たな世界観で描いた漫画「いぬやしき」。2014年から「イブニング」で掲載がスタートし、昨年7月に惜しまれつつも堂々の完結した大ヒットコミックです。
昨年にはフジテレビ・ノイタミナ枠でアニメが放送され、その衝撃的な内容で大きな反響を呼びました。注目を集め続ける「いぬやしき」が、「GANTZ」を2部作で実写映画化し、興行収入約63億円の大ヒットに導いた佐藤信介監督の手によって、ついに実写映画化!4月20日(金)に全国で公開されます!

謎の事故によって人間を遥かに超越する力を手に入れ、人を救うことに自分の存在意義を見出していく冴えない初老の主人公・犬屋敷壱郎を演じるのは、16年ぶりの映画主演となる木梨憲武。犬屋敷と同じ力を手に入れ、自分の意志に背く人々を傷つけていく高校生・獅子神皓に扮するのは、今回が初の悪役挑戦となる佐藤健。衝撃のキャスティングにより共演を果たした2人が、スクリーン上で激突します!!

佐藤信介監督の手によって日本最高峰の技術が集結され、制作された映像は驚愕のCGとド迫力のアクションの連続!高層ビル群の間、ヘリコプターの上、そして都庁展望台…。新宿上空を飛び回りながら繰り広げられる“ジジイVS高校生”の新次元バトルは、映像の中に“トリップ”したかのような感覚に陥り、まさに“新感覚バーチャルムービー”となっております!

そんな本作が“新次元”の試みを実施!!
日本マイクロソフトとの連携のもと、いま話題のVRコンテンツとして、全国の家電量販店に登場!!その名も「映画『いぬやしき』VR」!2月24日(土)から全国家電量販店の「Windows Mixed Reality 体験コーナー」で順次展開されます!店頭にて無料で体験できる「店頭デモ版」では、VR空間の巨大スクリーンで迫力のある映画本編の映像を視聴した後、プレイヤー自身が“犬屋敷”となって新宿上空250mに飛び立ちます!大空を自由に飛び回りながら、佐藤健演じる獅子神とバトル勃発!獅子神が発射するミサイルを避けながら、最終決戦の場となる東京都庁展望台を目指します!映画の1シーン「新宿上空バトル」をリアルに最も近い究極の形で体感できる、新次元のコンテンツとして全国に登場!また、4月1日(日)からは「Microsoft Store」などで「完全版」を配信中。

そのVRが体験できるイベントが大阪で開催!

イベント名:映画「いぬやしき」公開記念 INUYASHIKI FESTIVAL in OSAKA
 実施日時:4/14(土)11:00~20:00 / 4/15(日)11:00~19:00
   場所:OSAKA STATION CITY アトリウム広場(JR大阪駅)
   内容:映画と同じように空飛ぶ映像体験ができるVRコーナーや、
      記念撮影ができる特別フォトスポットが出現。豪華賞品が当たる抽選会も実施!
      JR大阪駅で映画「いぬやしき」の世界を体感せよ!



STORY
定年を間近に迎える冴えないサラリーマン・犬屋敷壱郎は会社や家庭から疎外された日々を送っていたが、ある日突然、医者から末期ガンによる余命宣告を受け、深い虚無感に襲われる。その晩、謎の事故に巻き込まれ機械の体に生まれ変わった彼は、人間を遥かに超越する力を手に入れることに。一方、同じ事故に遭遇した高校生・獅子神皓は、手に入れた力を己の思うがままに行使し始めていた。自分の意志に背く人々をただただ傷付けていく獅子神と、獅子神によって傷付けられた人々を救い続ける犬屋敷。人間の本質は善なのか、それとも悪なのか…?強大な力を手に入れた2人が、いま、それぞれの想いで動き出す――。


STAFF&CAST
原作:奥浩哉「いぬやしき」(講談社「イブニング」所載)
監督:佐藤信介
脚本:橋本裕志
音楽:やまだ豊
出演:木梨憲武 佐藤健
   本郷奏多 二階堂ふみ 三吉彩花
   生瀬勝久 / 濱田マリ 斉藤由貴 伊勢谷友介
配給:東宝
映画『いぬやしき』公式サイト
4月20日(金)TOHOシネマズ梅田他全国ロードショー