【舞台挨拶「アントマン&ワスプ』」】宮川大輔と小杉竜一が関西弁を封印?!

宮川大輔と小杉竜一が関西弁を封印?!

IMG_8752
「スターウォーズ」や「ハリーポッター」を超えてシリーズ累計興収No.1のマーベル・スタジオ最新作『アントマン&ワスプ』。この夏、映画史上最小にして最強のヒーロー&ヒロインが贈る、バディ・アクション・ムービーがついに日本上陸!
日本語吹替版キャストの宮川大輔と小杉竜一が舞台挨拶に登場しました。


はじめのあいさつ
小杉竜一さん(以下、小)「主人公の友人のルイス役をやってる、小杉です。ワザー!」
宮川大輔さん(以下、宮)「アントマンを監視するFBI捜査官・ウー役をやらしてもらいました、宮川大輔です。今日は暑い中、本当にありがとうございます。高校生限定ということで、ちょっといつもと空気が違いますね。」

小杉さんは前作もルイス役をされていました。
今回、ルイスがすごく出世したみたいなのですが、いかがでしたか?
小「前作は元泥棒のやんちゃな子だったのですが、その経験を活かして警備会社の社長ということで。ちょっと責任感の出てきたルイスという風になりましたね。」

それでは、声の感じも?
小「・・・そうですね。こういうトーンで。(かっこいい声で)」
宮「いや、ちがうでしょ!全然!」
小「(笑)ちょっと陽気でお喋りな雰囲気は残っているんですけど、しっかりしているように思わせようとしているルイス、を演じました。」

宮川さんはFBI捜査官・ウー役で、お話があったときはどう思われましたか?
宮「やっぱりうれしかったですね。とうとう俺にもオファーが来たか、と。俺も売れたな、と(笑)加藤さんや宮迫さんがやられているんですけど、まさか僕に来るとは思ってなかったので。うれしさ半分、俺でいいんかなあ、と不安もちょっとありました。」

役柄としては、生真面目だけど抜けている部分があったと思うのですが。
宮「そうなんです。真面目で一生懸命だけど、どこか空回りするというか。そこが憎めないところですね。」

ご苦労された点はありましたか?
宮「普段関西弁なので、標準語でババババっと早口で詰め込むところが苦労しました。標準語だと思って喋っていても標準語じゃないというか。その部分を指摘されたら、そこだけが気になったりしました。」
小「僕はもうできるかなと思ってたんですけど、やっぱり関西弁が出てしまいます。注意を受けて、関西弁を喋ったらあかんと思って、なんとか頑張って喋ったら、関西弁でもない、標準語でもない訳のわからんイントネーションで喋ってるときがありました。普段から関西弁で早口ですけど、早口な人のテンションに合わせるのが難しかったです。」

ここで!標準語が難しいというお話が出たので、関西弁を喋らない「関西弁封印トーク」をしたいと思います!
宮「正直言いますけど、僕25歳から東京に住んでるんで、喋れますよ。」
小「僕は大人になってからですけど、全然大丈夫ですよ。」

関西弁が出たら、宮川さんの「アカーン!」と叫びましょう。
もしお二人がサイズを操れたら、何しますか?
宮「俺からいっていい?やっぱりさ、俺さ、生まれた時からさ、顔が真ん中に集まってるんだよね。」
小「ははは。笑っちゃったよ。」
宮「大きさ変えられるんだったら、パーツをいい配置にしたいよね。」
小「あがるよね。できたら、あがるよね。」
宮「お前はなんなのさ。」
小「僕は髪の毛がちょっぴり細いからさ~」
宮「ちょっぴりじゃねえよ。だいぶ細いよ!(照明に照らされて)こっちから見たら丸いよ。」
小「ちげえよ、マジ卍だよ。バカ。だからさ、毛根を太く、ボリュームアップしたい感じじゃねの~。」
宮「やっぱ毛根か、髪の毛か。。。まあ、以上かな(笑)」
小「え?以上から、って関西弁じゃない?」
宮「ちげえよ。」
じゃあ、一旦突っ込みましょうか。せーの「アカーン!」
宮「やかましい!」
小「標準語で喋ろうとしたら、中身のない会話になりました(笑)」
宮「自分の子どもには標準語で喋るんですけど、恥ずかしいからあんまり人に聞かれたくないですもんね。」
小「フラット場面で標準語喋ってる関西の芸人は、ノンスタイルの井上だけですね。ボケでもなく「そうなんだ」って言いますんもんね。(笑)つっこんでも、「なんですか」みたいな感じですもん。(笑)」

(若干の関西弁は混ざりながら)標準語でもボケと突っ込みは健在しており、軽快なトークで会場は爆笑につつまれた。


さいごのご挨拶
宮「本当に楽しくて、細かいところまで世界観がしっかりしていて、アクションや笑いもたくさんあるので、楽しんでいただけると思います。今回見ていただけるのは、字幕版ということなので、今日見たあと、日本語吹き替え版も見て、楽しんでいただければと思います。今日はありがとうございました。」
小「こんなけ僕たちが喋ったあと、まさかの字幕版ということで、今から上映で僕たちの声を一言も聞かないという(笑)ストーリーは何回観てもおもしろいので、次は映画館で日本語吹き替え版をぜひ見てもらいたいと思います。よろしくお願いします。」


Marvel Studios ANT-MAN AND THE WASP..Ant-Man/Scott Lang (Paul Rudd)..Photo: Film Frame..©Marvel Studios 2018 ©Marvel Studios 2018 All rights reserved.

STORY
小さくなるほど強くなる、身長わずか1.5センチの最小にして最強ヒーロー・コンビによる痛快バディ・アクション・ムービー。頼りなさすぎるヒーロー<アントマン>と、完璧すぎる女性ヒーロー<ワスプ>──ふたりの前に、すべてをすり抜ける神出鬼没の謎の美女<ゴースト>が現れ、アントマン誕生の鍵を握る研究所が狙われる。敵の手に渡れば、世界のサイズが自在に操られてしまう!? さらに、金目当ての武器ディーラーの襲撃や、アントマンを監視するFBIの追跡も巻き込み、人や車、ビルなど全てのサイズが変幻自在に変わる“何でもアリ”の大騒動に! ユニークなパワーと微妙なチームワークで、アントマンとワスプは世界を脅かす“秘密”を守り切れるのか?


STAFF&CAST
監督:ペイトン・リード
製作:ケヴィン・ファイギ
出演:ポール・ラッド/エヴァンジェリン・リリー/マイケル・ダグラス
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
ウォルト・ディズニー・ジャパンの公式サイトへ
8月31日(金)全国ロードショー