【試写会プレゼント】「アゲイン 28年目の甲子園」5組10名様!

再び甲子園を目指す不器用な親父たち。

メインスチル「アゲイン」 ©重松清/集英社 ©2015「アゲイン」製作委員会
11月20日(木) 18:40開場 19:00開映 梅田ブルク7
「アゲイン 28年目の甲子園」試写会 5組10名様にプレゼント!


INTRODUCTION
原作は、直木賞作家であり2005年よりマスターズ甲子園応援団長もつとめている重松清の最新作「アゲイン」(集英社「小説すばる」連載)。再び夢を応不器用な父親たちの物語だ。監督・脚本は『風が強く吹いている』(09)で日本映画批評家大賞新人監督賞・作品賞を受賞した大森寿美男。46歳の元高校球児・坂町晴彦訳には中井貴一。亡き父の思いを辿る娘の美枝役には波瑠が抜擢された。遠い過去の苦い青洲の悔いを乗り越えていく映画『アゲイン 28年目の甲子園』は1月17日(土)から全国で公開。
サブスチル「アゲイン」

タイトルロゴカラー横「アゲイン」
STORY
ある日、晴彦のもとに坂町の元チームメイト松川典夫の娘・美枝が訪ねてき、長年音信不通だった松川が去年の震災で亡くなったことを知らされる。彼女は別居していた父親の遺品の中に、坂町ら、チームメイト全員に宛てた27年分の年賀状の束を見つけ、晴彦のところへやって来たのだ。その後晴彦は、美枝がボランティアとして参加する「マスターズ甲子園」に誘われ、昔の苦い思い出が頭をよぎるも、再び人生のグラウンドに走り出す――。


STAFF&CAST
監督・脚本:大森寿美男
原作:重松清 著『アゲイン』(集英社「小説すばる」連載)より
出演:中井貴一、波瑠、和久井映見、柳葉敏郎
配給:東映
「アゲイン 28年目の甲子園」公式HP
公開日:2015年1月17日(土)
梅田ブルク7、大阪ステーションシティシネマ、なんばパークス ほか
試写詳細はこちら
日時:11月20日(木)
18:40開場 19:00開映
会場: 梅田ブルク7


応募する!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です